ダイエットで推奨されている「野菜を最初に食べるベジタルファースト」。

これは食事の時に一番初めに野菜を食べることで、血糖値の急激な上昇を抑えてくれる効果があります。

血糖値の急上昇を抑えるとどんな効用があるのか。

それは

脂肪を溜めない体になる

のです。

 

どうしてかというと、野菜に含まれる食物繊維が血糖値の上昇を抑制する働きがあり、それだけではなく、食事の消化吸収を穏やかに促進してくれるので、満腹感が続くことによって、食べ過ぎや食後の空腹感を防いでくれます

 

でも、本当に野菜、もしくはベジファスを最初に食べると血糖値は上がらないの?

カゴメジュースの検証結果をみてみましょう。

出典:カゴメニュースリリース(http://www.kagome.co.jp/library/company/news/2016/img/160824999.pdf)

 

これをみると、サラダ、野菜ジュースとも食事の30分前、もしくは10分前にいずれかを摂ったばあい、血糖値の上昇がおさwられているのがわかります。

血糖値の上昇だけをとれば、食事の30分前に野菜ジュースを摂ると一番効果が高いことが分かります。

野菜ジュースをいつも持ち歩くのはちょっと大変ではないですか?

そんな時はスティック状になったベジファスが便利。

スティック状になって、開封も楽なパッケージのベジファスは、かばんの中やポケットに入れておくことができて、食べたい時にちゅるんと簡単にお口に入れることができます。

しかも血糖値の急上昇を抑えるだけでなく、ベジファス1本に水溶性食物繊維である難消化性デキストリンがレタス23個分も入っているというのですから驚きですよね。

水溶性食物繊維は善玉菌の大好物。ベジファスを摂るほどに腸内環境も整っていうことなしです。

 

血糖値が下がるダイエット効果って何?

 

食事の時に血糖値が急上昇しないダイエット効果とは何か調べてみました。

それはずばり

「太りにくい体になる」

ということです。

理由は、血糖値が必要以上に上がるとそれを抑えようとして大量のインスリンが分泌されます。
インスリンは食事から摂取される炭水化物、いわゆる糖分を脂肪へ変える働きをします。それだけではなく、おなかがすく、という副作用もあるんです。

ベジファスでどうして痩せるのか詳しく見る

つまり太る要因をつくるインスリンを大量発生させないことにより、空腹になりにくく、食べ過ぎない体をつくっていくんです。

ダイエットで大事なのはバランスの取れた食事。
でも、年齢や、忙しくて運動ができないと、基礎代謝量の減少が起こり、今までと同じ量の食事をしていても太る結果に。

痩せたい、でも食べないと….。そんなジレンマを解消してくれるのがベジファスです。

食べたいでも痩せたいをかなえてくれるベジファスは公式サイトから